顧客テクノグラフィックデータを活用してビジネス戦略を改善

世界のテクノグラフィック記事を紹介

インドのテクノロジーメディアAnalytics Stepsのブログから概略

デジタルトランスフォーメーション(DX)は我々の生活全般にわたって存在感を増してきました。大手企業は率先して業績向上のためのデジタル化を進めています。テクノロジー業界はこれを機にターゲット企業へのマーケティング活動と収益アップを狙っています。B2BでもB2Cでも、テクノグラフィックは業界における重要なインサイトに欠かせません。テクノグラフィックデータの重要性と実践方法についてご紹介します。

 

テクノグラフィックデータとは?

デジタル戦略のために、70パーセント以上の企業が何らかのテクノロジーデータを採用しています。テクノグラフィクデータはテクノロジーの利用や導入率、テクノロジーに関わる企業情報のことです。端的にはビジネス用テクノグラフィックデータによって、競合製品や顧客のIT環境に関わるインサイトが深まることができます。例えば、企業が活用・導入するソフトウェアとハードウェアは何か?または企業の開発ステージは何処か?などです。

つまりテクノグラフィックデータによって顧客と見込み客両方のニーズが分かるので、絞り込んだマーケティング施策を可能にし、競合製品が利用するテクノロジーについても研究できます。テクノグラフィックデータを効果的に使ったなら主要な顧客層に応える製品とサービスを提供できるので、競合他社より優位にシェアを獲得できるでしょう。

注意したいのは、テクノグラフィックデータとソーシャルテクノグラフィックは微妙に異なることです。従来のテクノグラフィックデータはハードウェアとソフトウェアがどのように利用されているのかが分かります。一方、ソーシャルテクノグラフィックデータは大企業におけるソーシャルメディアの活用方法を記録します。

 

総合的に収益をアップするためのテクノグラフィックデータ利用法

テクノグラフィックデータにより、テクノロジースタック(IT環境)をビジネス戦略に活用することが出来ます。以下は、その例です。

  • 市場セグメンテーションと営業効率

    時間と手間を費やして見込み客から聞き込むより、顧客テクノグラフィックデータを活用して自社の潜在市場(TAM)を効果的に絞り込んだ方が遥かに効率的です。正確なデータなら、企業がどんなテクノロジー製品を必要としているのかを示してくれるので、営業部門の配置をもっと効率的に行えるでしょう。

 

  • パーソナル化した営業

    自社の既存客と見込み客はテクノロジー製品に関わる難題に直面しているかもしれません。彼らのテクノロジー能力度合を知ることによって、問題点の1つ1つに解決策を提示し、信用できる経験豊かなベンダーとしての評価を得ることができるでしょう。そのことが顧客維持度の向上になるのです。

 

ビジネス戦略の改善に活かしましょう

テクノグラフィックデータは戦略的マーケティング施策を実現します。顧客テクノグラフィックデータによって、自社の顧客が現在、何を必要としているのかを発見するだけでなく、顧客の抱える課題点や適切な機器をタイムリーにアドバイスできるので、他社競合には真似ができません。結果、顧客維持と収益の確保が実現するでしょう。

まとめ

DXはまだ草創期にあります。テクノロジー業界においては、顧客テクノロジーデータがマーケティング施策の成功に欠かせません。すでに大手企業は競合分析や主要顧客の研究にこのタイプのデータを利用しています。業界での生き残りをかけたビジネス戦略に、テクノグラフィックデータを欠かすことはできないでしょう。

 

ご契約者様のログインはこちらから

Tecgence

お客さまのテクノロジー導入・解約がすぐ分かる! ICT企業インサイドセールスを確かなデータで支援

● 競合テクノロジーの導入・解約の入替えの最新データ
● 日本企業の150万ドメインをトラッキング
● MA、Eコマース、ATS、CDN、パーソナライゼーションなど
主要テクノロジーを分析
● ニューノーマル時代のインサイドセールス強化データ 

Tecgenceは、日本&海外で開発されたテクノロジーツールを幅広くデータベース化しています。
Tecgenceは導入・解約をデータ化して営業タイミングを逃しません!

2021 © Tecgence - All Rights Reserved