“テクノグラフィックデータ”に関わる質問にお答えします(前編)

 

世界のテクノグラフィック記事を紹介

イスラエルの外部データプラットフォーム開発企業Explorium社のブログから抜粋:

https://www.explorium.ai/wiki/technographic-data/

Q:テクノグラフィックとは何ですか?
A:テクノグラフィックデータ(またはテクノグラフィックセグメンテーション)は企業が導入するハードウェアやソフトウェア、アプリケーションなどテクノロジー環境の解析です。このデータには企業が購入した特定のテクノロジー(ツールやアプリ)の情報が含まれます。

企業はこのデータを市場セグメンテーションに利用してターゲット市場と企業、見込み客をトラックします。プロフィールに合った様々なマーケティングキャンペーンを実施し、B2B見込み客の創出、リードすオアリング、顧客エンゲージメントとコンバージョン率の増加を実現できます。テクノグラフィックデータは潜在的マーケットや見込み客の発見に役立つでしょう。

 

Q:データはどうやって収集するの?
A:良くある収集方法は、アンケートからテクノグラフィックデータを集めるものです。未上場やツールベンダー(SaaS企業など)、アナリストなどは定期的にアンケート調査を行なってテクノロジー環境やソリューションについて情報を収集しています。

その他の方法としては、ウェブからトラックする情報が正確です。アンケート調査よりも主流となってきているほどでしょう。多くのデータベンダーがウェブクローラーを利用して、先進的な解析プログラムから正確なデータを見つけています。

自然言語(NLP) やその他高度なセマンティックプログラムは非構築データが形成するウェブ上のほとんどの情報―――オンラインニュースレポート、公開された企業レポート、SNSで公開された情報などーーーを解析できます。

 

Q:どんなカテゴリーの製品が分かる?
A:一般的なテクノロジーカテゴリーは、例えば、CRM( Salesforce orやHubSpot)やデータ管理ツール、マーケティングオートメーション/マーテック( Marketo Engage)、ドメイン名、ウェブ解析ツールなどです。またツールやアプリケーションの導入日やIT投資推定総額、企業コードや規模、競合製品なども含まれます。

 

Q:データの精度は?
A:データセットは自社のニーズに合ったものだからこそ、解析パワーを可能にします。活用の目的を踏まえ、データポイントは正確か?最新状態か?を確認してください。ウェブトラッキングから収集されるデータは、高頻度で調査データより正確です。

データ品質の確認方法:
 データ企業の提供データが自社ニーズと合っているかをチェックしてください。
 データが更新されているかを確認してください。
 データが自社分析と照らして正確かを確認してください。
 テクノロジーデータを複数データ企業から入手し、比較検討してください。わずかなデータサンプルで構わないので、データ品質を確認しましょう。

 

Q:テクノグラフィックデータを活用する企業・担当チームは?
A:このデータタイプはB2Bリードや営業活動、ターゲット層の優劣づけ、理想カスタマープロファイル、開拓可能な市場などを戦略する際に利用されます。マーケティングチームはこのデータをインバウンドマーケティング戦略に活用します。セールスチームはアウトリーチキャンペーンやオファー、アップセル、などに活用し、電話営業のリストとしても使えます。

企業はこのデータを利用して、競合分析や市場シェア分析、トレンドなどに利用できます。テクノロジーの好みと程度に関して知ることは、製品開発のアイデアを生み、またカスタマージャニーの知識を深め、カスタマーサクセスを導くはずです。

テクノグラフィックデータは企業プロファイルを作成する上で、ファームグラフィックなど企業データと並ぶ重要なものです。

 

Q:テクノグラフィックデータを検討する上での注意点は?
A:テクノグラフィックデータは企業が使用するテクノロジーやツールのタイプを表示します。もしこのデータが古い場合、解析やその後の施策・キャンペーンの信頼性も揺らぐでしょう。データが更新されているかを確認する必要があります。

信頼できるソースか?:見込み客ベンダーはアンケート調査またはウェブトラッキングデータを使用できます。ソースの信頼性はデータ品質にとって死活問題と言えます。

コンプライアンス:テクノグラフィックデータはプライベート情報を含むので、最新のデータプライバシー規制を確認しコンプライアンスに留意することが大切です。これら規制はGDPRやCCPAなど地域によって異なりますが、ベンダー企業は必ず遵守しなくてはなりません。

タイムラインと統一性:ベンダー企業は公表情報やソーシャルメディアなどWeb上の最新データを常に入手する必要があります。多様なソースから収集された情報は統一性がないと正確な解析ができません。

 

ご契約者様のログインはこちらから

Tecgence

お客さまのテクノロジー導入・解約がすぐ分かる! ICT企業インサイドセールスを確かなデータで支援

● 競合テクノロジーの導入・解約の入替えの最新データ
● 日本企業の150万ドメインをトラッキング
● MA、Eコマース、ATS、CDN、パーソナライゼーションなど
主要テクノロジーを分析
● ニューノーマル時代のインサイドセールス強化データ 

Tecgenceは、日本&海外で開発されたテクノロジーツールを幅広くデータベース化しています。
Tecgenceは導入・解約をデータ化して営業タイミングを逃しません!

2021 © Tecgence - All Rights Reserved