テクノグラフィックデータのメリットとは?

 

世界のテクノグラフィック記事を紹介:

インドのセールステクノロジー開発企業Cloudura.AI社ブログから抜粋

「営業先のテクノロジー環境」を把握するとどんな良いことがあるかご存知ですか?

それはズバリ、“顧客企業のことが良く分かるから”なのです。テクノグラフィックデータは、企業が予算を投じたいテクノロジーを明らかにするだけでなく、技術レベルの高さや投資額など多くの情報を提供してくれます。具体的には、以下のようなポイントが挙げられるでしょう:

1.見込み客をハイパーターゲットできる
相手を知れば、彼らのニーズも分かります。

テクノグラフィックデータの最大のメリットは、自社にとって理想的なクライアントプロファイルを作成出来ることです。“ベストバイヤーは誰か?”、“絞り込んだ見込み客プロファイルは何か?”の答えを理解できるでしょう。

テクノグラフィックは顧客のペルソナへ新たな価値を付加するので、理想的なクライアント像を詳しく、細かく確認することが出来ます。もし自社がアカウントベースドマーケティングを行っているなら、テクノグラフィックは圧倒的なプラス情報となるでしょう。

2. 営業成約率のクオリティが高くなる
営業とは、多くの逆境の中から最大限の結果を導き出す業務です。つまり、営業チームは常に、営業効率を考えなければなりません。だからテクノグラフィックデータが必須なのです。

顧客のテクノグラフィックデータが分かれば、営業担当者は顧客のニーズにピッタリと合うビジネス提案書を準備することが出来ます。更に、商談時の内容も、かなり的確なものになります。

3. 営業効率の向上
テクノグラフィックは新規見込み客を探す時間と人員リソースを削減します。データは対象市場(TAM)における絞り込みを可能にするので、結果、営業担当者は本当に有望な見込み客への営業活動を集中することができるでしょう。成約率を始めとする営業収益が得られるのです。

4. 新市場を開拓する
上述のように、最新テクノロジーランドスケープを調査することにより、研究開発チームは、新しい成長・拡大させるビジネスの方向性を決めることもできます。市場の動きを読んだ新規かつ革新的な製品やサービスを業務展開出来るでしょう。.

5. 競合他社より有利に
業界における競合・他社に勝つために、テクノグラフィックデータは効果的です。競合が持つ顧客を研究して、顧客の更新・乗り換えタイミングを見逃さないようにします。

6. 既存顧客の維持
新規顧客を獲得するだけがビジネスゴールではありません。既存顧客の維持も同じくらい大切であり、常にベストサポートを提供するべきです。

テクノグラフィックデータは次回更新が危険レベルの顧客を把握出来るので、営業チームとカスタマーサクセスチームが共同して、顧客の満足度を取り戻すことが出来ます。結果、顧客は契約を継続してくださるでしょう。

また、競合企業が自社の顧客に営業していることがデータで確認出来るので、その競合と同じ条件や機能、サービスを顧客に提供したなら、顧客は維持され、市場占有率もアップすることができるでしょう。

ご契約者様のログインはこちらから

Tecgence

お客さまのテクノロジー導入・解約がすぐ分かる! ICT企業インサイドセールスを確かなデータで支援

● 競合テクノロジーの導入・解約の入替えの最新データ
● 日本企業の150万ドメインをトラッキング
● MA、Eコマース、ATS、CDN、パーソナライゼーションなど
主要テクノロジーを分析
● ニューノーマル時代のインサイドセールス強化データ 

Tecgenceは、日本&海外で開発されたテクノロジーツールを幅広くデータベース化しています。
Tecgenceは導入・解約をデータ化して営業タイミングを逃しません!

2021 © Tecgence - All Rights Reserved